トピックス
新型インフルエンザに対する当院の対応について
   8月中旬以降、県内では新型インフルエンザの流行期に入り、外来での感染者や分娩時の感染に対する医院での対応が問題となってきました。
 今回の新型インフルエンザの重症化の程度は適切な抗インフルエンザ薬(タミフル・リレンザ)投薬等による治療を行なえば季節性インフルエンザと比較して大きく異ならないことがわかっています。

 当院では、当院で経過観察されている妊婦さんが新型インフルエンザ感染した場合、積極的に治療する体制を整えています。
また妊婦さんに対するタミフルやリレンザ投与は、胎児の影響はないとされていますのでご安心ください。


 但し、呼吸器など重度の合併症や抗インフルエンザ薬に効果がなかった場合は、速やかに高次医療機関に紹介となります。
   
※患者さんへのお願い
  1. インフルエンザなどの感染症にかかっている場合は、必ずマスクを着用ください。
    もし、マスクがない場合は、受付に申し出てください。
  2. インフルエンザなどの感染症にかかっている場合、来院前に一度当院へお電話ください。
    場合によっては、診療時間外や車でしばらく待機してもらうことがあります。
  3. インフルエンザ感染者の分娩では、分娩後個室での隔離となります。
    インフルエンザの症状によっては、赤ちゃんは別の場所(新生児室)で預かることがあります。
  4. 妊娠していないインフルエンザ感染疑いの患者さんは、内科での診察をお願いします。
  5. 入院患者に対して、インフルエンザなどの感染症にかかられている方は子供も含めてご面会は控えてください。
 
⇒閉じる
Copyright(c) Hanabayashi Ladies Clinic all rights reserved.